• ホーム
  • 早漏が治せるという薬のプリリジーはどんな効果があるのか?

早漏が治せるという薬のプリリジーはどんな効果があるのか?

相手と話したくない夫婦

最もスタンダードな早漏の治療薬として使われているのがこのプリリジーになります。プリリジーはダポキセチンを主成分としている薬で、スーパーPフォースと同様の効果を得られます。主な効果はセロトニンの再取り込み阻害で、それによってセロトニンの血中濃度を高めに保ち、ノルアドレナリンの効果を抑制するのです。それによって射精までの時間を4倍から5倍まで延ばすことができるのです。

2600人を対象として行った臨床実験では52%から58%の人が効果を実感し、射精時間は3倍以上になったという結果が出ています。他にも30mgよりも60mgの方が効果が高いことがわかっており、24週連続投与後には約72%が早漏改善が見られたという結果もあります。飲み始めは効果が薄いのですが、飲み続けることによって強い効果を得ることができるのです。

プリリジーは服用するタイミングは決まっておらず、食後でも空腹時でも効果に差はありません。効果が出始めるのも服用後から1時間から3時間後なので即効性があります。少し早めに服用する必要はありますが、タイミングを選ばなくて良いのは嬉しいところ。

服用する際の注意点は大きく分けて4つになります。まず1つ目が最大摂取量は60mgまでであることです。多すぎる薬は体にとっては毒なので、基準容量は守らなくてはいけません。

2つ目が1度服用したら24時間以上の間を空けることです。短いスパンで服用すると体にまだ成分が残っている状態で次を服用してしまい、副作用が強く出ることもあります。自分の身を守るためにも24時間以上空けてから服用するようにしましょう。

3つ目が日本では病院でしか処方して貰えないということです。市販では販売されておらず、病院での処方か個人輸入かの2択になります。プリリジーは日本ではあまり取り扱っているクリニックはなく、取り扱っているクリニックは限られてくるのが現状です。そのため必要であっても近くに取り扱っているクリニックがない可能性もあります。

4つ目が服用することによって副作用がついて回ることです。プリリジーの副作用で多いのは腹痛、下痢、目眩等と言った副作用が生じることです。その中でも特にひどいのが下痢と言われていて、人によってはかなり辛くて性行為どころではないという人もいます。プリリジーを服用した場合、個人差はあるものの少なからず副作用が生じるリスクがあるということは忘れてはいけません。